iPhoneでもセキュリティ保護に留意しよう

iPhoneはウィルスに感染しない。これはAndroid端末のOSであるAndroidは開発元であるGoogle社によってソースが公開され、誰にでもアプリの開発とリリースが可能となっているオープンなOSであるのに比べ、iPhoneのOSであるiOSは開発元であるApple社が情報をブラックボックス化しているため、これに感染させて不正な動作を行うウィルスをつくることが困難であるという理由によります。


しかし、コンピューターによってプログラミングされているものである限り、それが不可能であると断言することはできません。

要するにブラックボックス化されている情報さえ分かれば容易に可能であると言えるのです。



このブラックボックスによる制限を嫌ってiPhoneを改造することを「脱獄」といいますが、脱獄化された端末を使用する多くのユーザーが、配布されているソフトを通じて既にウィルスに感染しているだろうと言われています。


自由を求めて脱獄した結果がウィルスに感染するとは皮肉な話ですが、ほとんどのユーザーがiPhoneはウィルスに感染しないと信じて、自身の感染に気づかずに使用を続けているとも言われています。

このケースは不正な改造という原因によるので自業自得の感もありますが、現状何の防御策もないのですから、ひとたび正規のiOSにウィルスが広まれば、最悪のシナリオとなることが危惧されています。
またフィッシングなどのサイト自体の詐欺行為はOSの違いは関係ありません。



iPhoneだから絶対ウィルスに感染しないと決め込んでたかをくくるのは危険であり、セキュリティに関する情報には面倒でも必ず注意を払うことが自身を守る上で非常に大切なのです。



Copyright (C) 2015 iPhoneでもセキュリティ保護に留意しよう All Rights Reserved.